医学部に進学したいなら先ずは塾に通おう!

レディ

適した理系大学を選ぶ

理系の大学選びの際に効果的なのがエフラボなどのサイトです。インタビューや研究の内容など、様々な情報が掲載されています。その情報を元手に、進学する大学を絞り込むことができるでしょう。

PCを操作する人

働きながら通える高校

千葉では働きながら学習する事ができる通信制高校に通う人が多く、仕事に負担をかけずに学ぶことが可能です。通信制高校は登校日が少なく仕事を休む必要がないですし、留年がなく自分のペースで学習して卒業できるので、働いている人に適しています。

医学科受験のための知識

医者

予備校の比較の仕方とは

医学部医学科は入試難易度が非常に高く、予備校のような塾に通うことで対策を進めていく受験生が多いです。実際に医学部入試に際して塾を選ぶ際には、自分の志望大学を明確にしておくことと、それと照らし合わせて予備校などの実績を確認しておくことが大切です。塾にとって入試合格者は大きな実績となるため、基本的に塾はその年度の生徒が合格した大学・学部・学科を公表しています。そのため、自分が志望する大学を早めにはっきりとさせておくことで、その大学に合格実績がある塾を選ぶことが大切です。予備校などの医学部合格者の実績を確認する際に重要なもう一つのポイントとしては、地方大学に強いのか都市圏の大学に強いのかをチェックするということが挙げられます。大学によっては地元出身者に所定の病院での将来的な勤務を条件に、医学部入学の要件を緩和していることがよくあります。一般入試においては都市圏より解きやすい傾向にあるものの、綿密に対策をしてきた受験者の間では差が付きにくく、独自の対策が欠かせません。地方大の医学部入試の問題には癖があることも多く、地元の大学の情報をしっかりと持っている塾選びが必要と言えます。一方、都市圏の大学は入試難易度が非常に高く、全国から受験生が集まってくるという特徴があり、入試で差が付きやすい問題が多く出題されます。この差は1点や2点のレベルですが、実際の入試では僅かな点数で合否が決まってしまうため、都市圏の難関医学部入試では徹底的な基礎・応用力を鍛えられる大手の塾がおすすめです。

先生と生徒

個性を活かした入学試験

ao入試は受験生の個性を尊重する方式の大学入試の試験です。学力試験とは異なり、正解のある試験を行うのでは無く、面接や小論文を通して多面的に受験生の個性を判断していきます。導入する大学は年々、増えており、今後もより一層増加する計画が立てられています。